筋金入りの漫画読者が、感想や思い出を中心に書いてます。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「沈黙の艦隊」 ~世界へ問う深海の悪魔
2010/06/24/ (木) | edit |
Chinmokuno-t01.jpg
「沈黙の艦隊」(作:かわぐちかいじ) 1988年~講談社・モーニング



かわぐちかいじさんの「沈黙の艦隊」は、ちゃんと理解して読むと難しい漫画かもしれない。
リアル兵器の戦略漫画として読むなら、潜水艦での戦闘の駆け引きは凄いし、わくわくするシーンも豊富です。
だけど読み進むほどに、この物語目指すものが軽い内容じゃないことが見えてくる。
[more...]
スポンサーサイト
「オフサイド」 ~サッカー漫画ってことで
2010/06/22/ (火) | edit |
Offside-t01.jpg
「オフサイド」(作:塀内夏子) 1987年~講談社・週刊少年マガジン



サッカー日本代表のワールドカップ海外初勝利。 新しい歴史が刻まれました。
ワールドカップ1勝を掴むことがどんなに大変か、それがどんなに貴重歴史となるのか、この南アフリカ大会だけでも実感します。
「風の谷のナウシカ」 ~清浄の地へ誘う風の少女
2010/06/13/ (日) | edit |
Nausica-t01.jpg
「風の谷のナウシカ」全7巻(作:宮崎駿) 1982年~徳間書店・月刊アニメージュ



アニメ映画界の第一人者、宮崎駿監督。
「千と千尋の神隠し」とか「もののけ姫」とか「となりのトトロ」とか、有名なアニメ映画作品の名前が次々と上がります。
そういえば「ハウルの動く城」は、映画より前に原作小説を読みました。 小説だと「ハウル」の物語は映画より先の話があります。
「AKIRA」 ~超能力とスペクタクル
2010/05/28/ (金) | edit |
AKIRA-t01.jpg
「AKIRA -アキラ-」(作:大友克洋) 1982年~講談社・週刊ヤングマガジン



大友克洋さんのコミックで、最初に手にしたのが「AKIRA」でした。
ぉおー! すごい作家がいる!
「AKIRA」で受けた衝撃はとても大きかった。 魅力的漫画に出合ったっていう、震えるような喜びがありました。
「なんて素敵にジャパネスク」 ~おととい来やがれッ!って言っちゃうお姫様
2010/05/22/ (土) | edit |
Nantejapane-t01.jpg
「なんて素敵にジャパネスク」(作画:山内直実 原作:氷室冴子) 1988年~白泉社・花とゆめ



昔の話。 女の子の読む少女小説ってのに興味があって、何刷か読んだことがあります。
氷室冴子さんの「なんて素敵にジャパネスク」は、そんな貴重な一冊。

楽しい話だったので、漫画も面白いだろうって思った。 山内直実さんの明るい絵は、この話によく合っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。