筋金入りの漫画読者が、感想や思い出を中心に書いてます。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「しゃにむにGO」 ~ひきこもってないでスポーツしてみる?
2010/04/15/ (木) | edit |
SyanimuGo-01t.jpg
「しゃにむにGO」全32巻(作:羅川真里茂) 1999年~白泉社・花とゆめ



スポーツ漫画も、嫌いじゃない。

スポーツ物は話作りが上手な作家さんなら、友情とか仲間とか、喜びだったり苦しみだったり頑張りだったり、感動シーンが多いっていうのもあるかな。

この「しゃにむにGO」は、テニス漫画です。
SyanimuGo-p10.jpg

俺が学生時代テニス倶楽部だったことは、この漫画の興味に何も関係してません。 試合の進行状況が、理解しやすいってくらい。
でも、テニスのポイントの数え方知らなくても、別に困りません。 だって、野球ルール知らなくっても、イケメンドラマの「ROOKIES(ルーキーズ)」見てた女の人いっぱいいるでしょ。

序盤のプロローグの部分で、2人の少年が登場します。
主人公の井出延久(いでのぶひさ)は、ジュニア陸上界の期待の星。 中学で敵無しの陸上界の超有名人。

そしてもう一人滝田留宇衣(たきたるうい)は、ジュニアテニス界のトップランカーです。 だけどある時を堺に、彼はテニス界を去ってしまう。

その2人が、決して強いわけではない幕ノ鎌高校のテニス部で出会います。

SyanimuGo-p13.jpg

過去の一流選手が無名高の倶楽部へってのは、ありそうな話ですよね。 それが滝田留宇衣
では、なぜ中学陸上界のホープの井出は無名のテニス部へ?
それはものすごく単純な理由です。

井出は中学時代、川原で一人の女の子に出会います。
単純な彼は、人目見た瞬間からドキドキのにおちてしまいます!
一目ぼれしたその女の子のバッグには、幕ノ鎌高校・尚田という名札。 幕ノ鎌高校のテニス部1年だと教えてもらう井出

その瞬間、彼は両手でガッツポーズ!
「1歳の年の差なんてないも同然!」 と、スゴク前向きな彼は考えました。
そして、別れ際にこう叫びます。
「俺、井出延久です。 今度もしあえたら俺にテニス教えてください!」

振り返る彼女から笑顔が返ってきました。
「オッケイ」 と、明るく彼女は答えました。

SyanimuGo-p12.jpg

こうして井出もテニス部へ。
後に高校テニス界で「最強幕ノ鎌高校」「井出と滝田」として話題をさらうことになる、2人の物語の始まりです。

スポーツ漫画だけに、話の大半をテニスの試合と練習のシーンが占めています。
だけど主要な登場人物一人一人が、それぞれに辛い苦しみ悩み抱えていて、そのドラマの深さが魅力的な作品です。

井出「ルイルイ」あだ名をつけられる滝田。 彼は実はハーフです。

彼の母親は、世界的に有名なフランスのテニスプレイヤーでした。
両親は彼の幼い頃に離婚しています。 そのため留宇衣には、の記憶はほとんどありません。

SyanimuGo-p02.jpg

彼の父親と母親のいきさつは、物語の終盤になってようやく語られます。
複雑な家庭環境から、父親との間に気持ちのすれ違いを抱えている留宇衣。 その苦しみが常に彼の内にあり、彼のテニスは楽しむことの出来ないテニスになっています。

つぎに尚田ひなこ(たかだひなこ)。
高校に入学して、井出は人目ぼれの先輩を探します。
だけど見つからない。
ふたたび井出の前に姿を見せたとき、彼女の左腕には松葉杖がありました。

SyanimuGo-08p.jpg

SyanimuGo-09p.jpg

交通事故片足の動かない彼女は、1年間の休学の後に同じ1年生として井出の前に現れます。
そのは冷たく、かつて見せた楽しげな輝きは見えません。

SyanimuGo-p003.jpg

主人公の井出は、めちゃくちゃ明るいキャラクターです。 けど、ふだん何も考えてなさそうな男。
その代わりとても気持ちに真正直で、前向きです。
井出ひなこへの真っ直ぐな気持ちと、そして井出プレイは、次第にひなこの中の宝物に変わります。

SyanimuGo-p11.jpg

SyanimuGo-p004.jpg


それから触れておきたい、頼りになる池やん先生こと「池田斡士」(いけだあつし)。

SyanimuGo-p005.jpg

学生時代は、プロを目指した天才プレイヤーでした。
彼もケガが理由で、テニスの断念する痛みを経験しています。
だからひなこの事を一番理解しているのが、口は悪いけどこの池田先生
ある大会でのいきさつから、池やん先生のも語られます。

自信家で我がままだった学生時代の池やんが、高校時代の恩師の珊瑚ちゃんに泣きつくシーンとか、胸に熱いものがこみ上げました。

SyanimuGo-006p.jpg

SyanimuGo-007p.jpg

それでこの年上珊瑚ちゃん(見た目めちゃ若いけどいくつだ?)、現在は池やん先生の彼女(同棲中)だったりします。

井出留宇衣の友情、ひなこに対する井出の恋、留宇衣の父親と母親のしがらみ、そしてライバル佐世古駿(させこしゅん)が苦しむ実母の妄執などなど、幾つもの主軸となるストーリーを絡ませながら、彼らは高校の3年間を駆け抜けていきます。

スポーツ物の中で好きなコミックのひとつです。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 ↑ ここをポチっとしてもらうと嬉泣きします
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。