筋金入りの漫画読者が、感想や思い出を中心に書いてます。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「イティハーサ」 ~神々と古代びとへの誘い
2010/05/04/ (火) | edit |
ityhasa-t01.jpg
 「イティハーサ」(水樹和佳子)文庫版全7巻 1986年~集英社・月刊ぶ~け



「イティハーサ」の、コミック最終巻となる第15巻が世に出たのが1999年。 11年前の話です。
この漫画は事情があって、雑誌連載が未完となっていました。 だから本屋で見かけた時は、それこそ飛びつくようにして終幕の話を読みました。
内容に触れてみると判ります。 「イティハーサ」は最後まで読み終えないと、結末が気になって我慢できない話なのです!
もの凄く大きなテーマと設定の中で、「鷹野」(たかや)と「透こ」(とおこ)の運命はどんなラストを迎えるのか。 劇中の「見えない神」の意思は何なのか。 全能の「夜ち王」(やちおう)は何を目指しているのか。
その答えは? 行き着く先は?
だけど答えがないまま、「イティハーサ」の物語は2年間その時間が止まりました。

そこまで綴られた物語の壮大さを目にしてたら、「ありえないだろ・・・」 って思える状況です。

ityhasa-p02.jpg

雑誌掲載が中止になった裏の事情が見えると、雑誌社に対する苛立ちがありました。
だけどそれ以上に、水樹和佳子さんがその状況にあってなお、コミック最終巻を書き下ろしてくれた信念感動を覚えます。

「イティハーサ」「月刊ぶ~け」で1986年5月に連載開始となり、それから1997年8月まで11年間にわたって掲載されました。
しかし残り1巻分の話を残したまま、雑誌掲載が無くなります。 この当時紙面方針変更から、「イティハーサ」は集英社から非常に冷たい扱いを受けます。
著者自身が「漫画をやめたいと思った」 と告白される程。 それは我々の想像の及ばない、心の冷める辛い状況だったことでしょう。

そうして結局水樹和佳子さんは「イティハーサ」を書き上げることなく、掲載を辞退されました。
まるで企業のリストラみたいです。 それももの凄く陰険で手前勝手な・・・。

心にを負い、苛立ちや悔しさが溢れそうになりながら、それでも水樹和佳子さんは「イティハーサ」最終巻を書き上げられました。 「イティハーサ」のその後の物語を待っている読者のために・・・ その信念拠り所にして。

ityhasa-04p.jpg

コミック最終巻が発売になった翌2000年「イティハーサ」「星雲賞」受賞作となります。 作品に触れていた者から言わせると、この受賞当然です。
そして同じ年、かの月刊誌「ぶ~け」廃刊となり姿を消しました。
これが読者やファンが真の評価を与えた結果です。

描かれる世界の中心にある、「見える神」「見えない神」「意識のある情報体」「唯一神」という存在と定義は、光瀬龍さんの小説「百億の昼と千億の夜」に通じるところがあります。
そういう意味でも、子供では理解が難しいハードルの高い作品です。

舞台背景は1万2千年前の日本。 古代日本神々をテーマに描かれるSFファンタジーです。
「目に見えぬ神」を信仰する古代の人々とか、巫女とか真言告(まことのり)といった設定は、まるで邪馬台国時代をイメージさせますが、衣服装飾品はもっと煌びやかな感じがあります。

そういう村のひとつに住む鷹野(たかや)と、鷹野に拾われとして育てられた透こ(とおこ)の二人が物語の中心。
彼らが巻き込まれていく目に見える神の戦い。 対立する亞神威神、その部族の者達とも複雑に絡みあいながら、鷹野透この二人が見えない神の意図に辿りつくまでの壮大な物語です。

とにかく世界が美しい。 山々の草木や花々や透明な空気と水。 そして登場人物たちの想いが、誰かを精一杯に想っているそれぞれの形が、とても繊細瑞々しく映ります。

ityhasa-03p.jpg

始まりから終わりまで全てのページに、水樹和佳子さんの真摯な姿勢が見えるようです。 どれだけ大事に、精一杯にこの「イティハーサ」を描かれてきたかが、その描写の繊細さから伝わってきます。

ityhasa-01p.jpg

繊細なSFファンタジーを描かせたら、水樹和佳子さんは萩尾望都さんに匹敵しますね。
コミックは現在集英社発行の全15巻はもう絶版になってます。 だけど早川書房から、文庫版全7巻として2000年に発刊されました。

この作品を送り出してくれる、早川書房にも感謝です。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 ↑ ここをポチっとしてもらうと嬉泣きします
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
<B> セキレイ</B> アニメ・漫画@torrent 当サイトは人気のアニメとマンガ(漫画)のトレント(torrent)ファイルのインデックスサイトです。青年...
2010/05/04(Tue) 10:45:22 |  無料でダウンロード!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。