筋金入りの漫画読者が、感想や思い出を中心に書いてます。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エンジェル伝説」 ~天使に会ってみないか
2010/05/14/ (金) | edit |
enjeruden-t01.jpg
 「エンジェル伝説」全15巻(八木教広) 1993年~集英社・月刊少年ジャンプ



「エンジェル伝説」 ・・・なんて素敵すぎるタイトルなんだ!
エンジェルと謳われるほどの主人公とは一体どんな美少女なのか。 このタイトルから多くの人がそう考える筈。
我々は自分のイマジネーションの力を使って、その姿を思い描きます。
風にそよぐ黒髪を片手でもてあそぶ可憐な少女を。
触れたら融けてしまいそうな、透きとおる肌を。
どこまでも澄んで慈愛に満ちた黒い瞳を。
春の陽射しのように心地よく、心に響く清らかな声を。
渓谷を下る清流の煌きのように、きらきらとまぶしい透明な微笑みを。

「エンジェル伝説」
このタイトルに相応しい主人公を、我々は表紙の向うに探すのです。
卒業写真初恋の面影をさがしている、頬を染める少年のような気持ちで・・・。




enjeruden-p01.jpg

はい。 コレです。
なにが? ・・・ えっと・・・ だからコレが天使。 これが主人公です。

・・・ ああそう言えば・・・ 今日の空はとても青いな・・・。

いやいや! 現実から目を背けちゃいけない! だから! コレが主人公エンジェルなんだよっ!
悪魔だし。 だし。 少女ですらないし! さようなら卒業写真・・・。
この風貌にして、彼は決して敵役なんかではない! エンジェルと謳われるほどの主人公北野誠一郎(きたのせいいちろう)その人です!

なぜ彼はエンジェルなのか?! それは愚問。 決まっている。 とても心優しい少年だからです。
読むのやめようかな・・・ そんな気持ちが芽生えても仕方がない。 だけど俺はこう思った。
「とりあえずこの天使に会ってみようか」

八木教広さんは「CLAYMORE」(クレイモア)の作者さん。 そしてこの「エンジェル伝説」は、八木教広さん会心の学園コメディー漫画です。

主人公の北野誠一郎は、悪魔の如き凶悪で恐ろしいを持っています。 そして彼の中身は、まさにエンジェルの如き優しさに溢れています。
天使の心に悪魔容貌をあわせ持つ少年、北野誠一郎
彼は見た目の誤解で人に恐れられる存在です。

椎名軽穂さんの「君の届け」を読み始めた時、見た目で恐れられる心の優しい少女って設定が、この「エンジェル伝説」を連想させた。
こっちは純コメディーだからそれが極端だけど。

enjeruden-02p.jpg

悪魔風貌から誤解され、勝手に最凶(最強)とが拡がり、不良とか格闘少女とかに絡まれていく決闘パロディ漫画です。
そこに次第にラブコメの要素が加わり、面白さが加速していく。
話に次第に胸に訴える部分も増えてきて、画もシリアスなシーンが増えてくる。 笑いながら読み進むうちに、内容を読ませる漫画に成長してるって感じです。

enjeruden-03p.jpg

ラブコメ要素って言っても、北野君の周りは決闘の要素が満載です。
彼の心の純粋さを見抜いて惚れちゃう美少女も、武道達人だったりします。
何しろこの小磯良子(こいそりょうこ)が、口より先に蹴りかましまくる過激少女。 周りからは最強カップルと噂される。

でも、本当にコレ彼氏でいいのか小磯良子?! と、思わずつっこみたくなる。
いや、北野君は天使のように清らかな少年だけど・・・ あの顔だぞ。 いやいや人を見かけで差別しちゃいけない・・・ けどあの顔だぞっ!
中身に惚れるとは言え小磯良子・・・ まさに君こそ天使!

enjeruden-05p.jpg

とにかく北野君の周りに集まってくるのは、もっぱら不良ばかり。 あるいは白滝いくの(しらたきいくの)みたいな格闘少女だったり。
周りに勝手に最強軍団できちゃってます。

北野君の心の清廉さと、基本的に粗暴な人物達が周りを固め、そのギャップが笑いの基礎をつくってる漫画。
がいいヤツラのドタバタ学園コメディです。 テンポがよくて、とても気持ち良く読めます。

enjeruden-04p.jpg

パロディ漫画って多くは読まないけど、この「エンジェル伝説」は好きな漫画。
気楽に楽しい漫画を読みたい時にはいいと思う。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 ↑ ここをポチっとしてもらうと嬉泣きします
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。