筋金入りの漫画読者が、感想や思い出を中心に書いてます。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ホタルノヒカリ」 ~干物女の復活劇
2010/09/15/ (水) | edit |
Hotarunohi-top.jpg
「ホタルノヒカリ」全15巻(作:ひうらさとる) 2004年~講談社・Kiss



「ホタルノヒカリ」は掲載雑誌が20代女性向け雑誌のKissです。 主人公も当然20代の女性。
OLモノなので大人恋愛が描かれるのかなーと思って表紙を繰ると、そこに意外な主人公が待っています。
雨宮蛍(あめみやほたる)。 はインテリア系の会社で働く27歳独身女性です。
普段の彼女はソツなく仕事をこなす普通のOL
だけど隠れたその実態は、筋金入りの無気力ぐーたら女です。 男と恋愛するよりも家でゴロゴロ寝てたいという「干物女」

Hotarunohi-p01.jpg

家ではほとんどジャージ姿です。 髪は無造作にチョンマゲ結び。
女らしさを放棄しているような彼女は、もうずっと頑張ることを忘れて生きてます。
幻想は抱いていたいけど、実際に女性が一人の時の姿って似たようなものかも・・・ とか思った。

だけど恋愛経験が少ないぶん純粋です。 ちゃんと化粧するとそれなりに可愛いくも見える。
のこの一風変わったキャラ新鮮さがあって、面白い漫画です。
に呆れたり、彼女がいじらしく見えたりする。 そして時にほろ苦かったりします。

Hotarunohi-p09.jpg

干物ぎみの女性から支持を受けたと噂の作品。 確かに共感する女性ほど思い入れも深いかもしれない。
そして共感が激しいほど、実は干物度もヤバイってことで・・・。
いや、そんなことないよ! 遅くないよ! 頑張ろうよ恋愛! これから! みたいにっ!

そんなは訳あって、会社の上司の高野誠一(たかのせいいち)と一軒家同居生活をしています。
高野は奥さんと別居中の41歳。 仕事のできるインテリア事業部部長で、常に冷静な男。
そしてとは真逆で綺麗好きです。 自堕落で散らかしまくると、それをどなりまくる高野の共同生活となる。

Hotarunohi-p02.jpg

最初からを見られてるので、高野部長の前では化ける必要がない。
だから気を抜きまくりの姿を晒します。 いつか二人にとって、不思議な落ち着く空間がそこにある。

そんな干物女に、奇跡のようなが訪れます。
お相手は年下でルックスも良い、有能な若手インテリアデザイナーの手嶋マコト(てしままこと)。
とても誠実で、のいいところを見てくれる好青年。 
だけに一途に想いを寄せ、子供のように素直に接してくる。 化けたしか知らないけど、その想いは真っ直ぐです。

Hotarunohi-p07.jpg

Hotarunohi-p08.jpg

もうずっと忘れていた気持ちを、は思い出します。 そしてその後ろには、高野部長の後押しがある。
ぶっきらぼうだけど温かみを感じる高野部長言葉で、彼女は未知となったの大海へ泳ぎだす。

Hotarunohi-p03.jpg

5年ぶりの恋心に少女のようにときめき、は頑張ります。
気持ちを届け、一緒の時を過ごし、ライバルに汲々としながらもへと駆けていく。
その世代として当然の結婚の焦りも芽生えます。 すれ違う想いもある。
そうやって経験する喜び幸せと一緒に、悲しみとともに、彼女は成長していく。

Hotarunohi-p04.jpg

すること、傷つくこと、人を想うこと、そして女性として頑張ることを思い出した
少しづつ変わりながら、回り道をしながら、流れ行く彼女の時間。 そうしていつか大人を知る
彼女に訪れる未来はどんなものだろう。 それを見たくて、ページを繰る手が止まらなくなります。

Hotarunohi-p05.jpg

Hotarunohi-p06.jpg

切なさもある。 だけど干物予備軍(かも)の皆さん! この漫画を読むと頑張りたくなりますよ!





(ふろく)

コミック第1巻巻末「干物度チェック」という特別付録がついてます。
キャライメージをよく表してます。

全15問でのチェック数であなたの干物度が判ります。
これ試して「ヤバッ・・・」 って思った人!
読むしかないね!


Hotarunohi-p10.jpg


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 ↑ ここをポチっとしてもらうと嬉泣きします
Comment
Comment list
初めまして。
この世の全てのマンガを読む!のは不可能なので、いろんな人のマンガblogをさまよっています。
私のblogからこちらにリンクを貼ってもよろしいでしょうか?
お暇なときにお越しください。では。
2010/09/17(Fri) 22:27 | URL  | もにか #GT3i6Br6[ edit]
もにかさん こんばんはー。
リンク貼っていただいてありがとうございます。
偏見満載の書きなぐり記事ですけど、コメントいただいて嬉しいです。
こちらからも時々訪問させてもらいますので、よろしくお願いします。
2010/09/18(Sat) 19:46 | URL  | コトモナ #-[ edit]
うわぁ、この漫画スゴイ(笑
なんかこの前まで綾瀬はるかがやってた干物女のドラマがやってたみたいですけど、これが原作ですかね?
人間って見えるところと見えないところでギャップがあると思いますけど、少しずつそれが近づいていくのが成長するってことなのかなぁって思いました。
おもしろそう!読んでみたいなぁ~。
2010/10/17(Sun) 16:24 | URL  | pom #yS2MBZXU[ edit]
pomさんの言ってるドラマって「ホタルのヒカリ2」でしょ。
間違いなくソレの原作ですw
ドラマは漫画の設定を少しいじってありますね。

ところで干物度チェックの結果は・・・ ってコレは聞かないでおこう。
2010/10/19(Tue) 12:12 | URL  |  #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。