筋金入りの漫画読者が、感想や思い出を中心に書いてます。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの迷台詞③ 「安西先生 バスケがしたいです」 by三井寿
2010/11/25/ (木) | edit |
SLUM DUNK-top
「スラムダンク」全31巻(作:井上雄彦) 1990年~集英社・週間少年ジャンプ



「安西先生 バスケがしたいです」

やっぱコレかー!

「予告編」までやって引っ張ったあげく選んだのが、「スラムダンク」の代名詞とも言えるこのセリフっすか?!
なんて真っ向勝負なヤツ! 直球ど真ん中!
まるで「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の放つ波動砲なみの衝撃だぜ!

考えるのメンドいから浮かんだセリフをそのまま持ってきただけだろ とか、そんな邪推する人は友達できないよっ!(どきどきどき・・・)

SLUM DUNK-11p

SLUM DUNK-12p

それではまず「スラムダンク」の紹介から。
この漫画は井上雄彦さんの描いたバスケットボール漫画です。 紹介おわり。

え? 短い? だって説明いらないでしょ? この漫画のを知らない人っている?

・・・ チッ、仕方ない・・・ もう少し書かなきゃダメか。

「スラムダンク」の主人公は、神奈川県の湘北高校に入学した1年生の桜木花道(さくらぎはなみち)です。
この桜木の容貌は赤髪でリーゼント。 中学の頃は喧嘩無敵不良でした。
そして中学校で50人の女の子に振られたという、哀しい記録を持つ男。 けど性格は非常に明るい。

この桜木が入学後に一目惚れした晴子(はるこ)さんに誘われて、バスケ部に入部します。
抜群の運動能力を持っているけれど、バスケットド素人桜木花道。 彼のバスケットマンとしての成長とともに、個性派揃いの湘北高校バスケ部の活躍が描かれます。
そんな熱くてかっこいい、スポーツ漫画なのです。

さて、この湘北高校チーム「ゴリラ」の異名を持つキャプテン赤木のもと、才能豊かなメンバーでインターハイ予選に臨みます。

SLUM DUNK-10p

まだまだバスケ暦の浅い桜木は、シュートドリブルといった技術は並み以下です。
だけどジャンプ力を含めた驚異的な身体能力の高さで、チームの貴重な戦力となります。

同じ1年生の流川楓(るかわかえで)は、中学の頃から注目されるスタープレイヤーです。
湘北高校得点源であり、女性ファンからの応援は凄まじい。 けど本人はバスケ以外には無関心で、コート以外ではほとんど寝てます。
ついでに無口無愛想

2年生の宮城リョータは小柄だけどスピードがあり、神奈川県下で有数のガードと言われる湘北ゲームメーカー
バスケ部マネージャー彩子(あやこ)さんに、熱烈片思い中。 ケンカも強い。

そしてもう一人が・・・ 三井寿(みついひさし)。
全国中学MVP。 2年間グレてたせいで、スタミナがありません。

「安西先生 バスケがしたいです・・・ 」

そしてこのセリフを吐いた、その本人です。

SLUM DUNK-03p

3年生の三井は、長髪の不良として登場します。
すっかり荒んでいる彼は、不良仲間と一緒に体育館に乗り込みバスケ部をメチャクチャにしようとする。

SLUM DUNK-04p

その時に副主将の「メガネ君」こと木暮公延(こぐれきみのぶ)の口から、三井の過去が語られます。
彼が中学MVPスタープレイヤ-だったこと。 入部当初は、「全国制覇」という目標を口にしていたこと。
膝のケガがありチームから離れたこと。 そして自分の居場所を失った彼が、そのままチームに戻って来なかったという事実。

三井に突き飛ばされる小暮
それでも小暮三井に、「また一緒にやろう」 と声をかけます。

しかしその想いは、三井には届きません。
「昔のことだ! もう関係ねえ!!」 吐き捨てる三井

SLUM DUNK-05p

この時、閉め切った体育館をノックする音が響いて、顧問の安西先生が入ってきます。
三井寿が中学の頃からもっとも尊敬している、その恩人が。

SLUM DUNK-06p

息を呑む三井。 彼の表情が固まる。 そのがみるみる滲んでいきます。

SLUM DUNK-07p


「安西先生・・・ 」

彼の口からこぼれる言葉
三井の真実の心の声が、流れ出ます。

「バスケがしたいです・・・ 」

SLUM DUNK-08p

SLUM DUNK-09p

こうして「問題児軍団」最後のメンバー三井寿は、チームに加わりました。
この後、髪を切って登場の彼はもう別人です。
ここから「スラムダンク」は本格的に公式戦に突入して、一気に盛り上がりを見せます。

体育館に乗り込み暴れ回り、バスケ部をぶっ潰そうとした極悪三井寿
しかし彼が心から漏らした「バスケがしたいです」 の言葉は、それまでの全てを水に流したのです。

「安西先生 バスケがしたいです・・・ 」

このセリフが我々に伝えるのは、「心からの言葉は全てをやり直せるのさ!」 っていう真実です。

「そうだったのかー!」 と感銘を受けている、弟のゲームデータを消去しちゃったアナタ。
「全てやりなおせるんだー!」 と一人で頷いている、そこの浮気しちゃったカノジョ。

そうだ! からの言葉は全てを水に流してくれる!(かもしれない!)
それで大事なものを失くしても、俺は知らない!!



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
 ↑ ここをポチっとしてもらうと嬉泣きします
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
発売日に
2010/12/02(Thu) 14:30:32 |  マンガ情報サイト
「スラムダンク」全31巻(作:井上雄彦) 1990年~集英社・週間少年ジャンプ「安西先生 バスケがしたいです」やっぱコレかー!「予告編」までやって引っ張ったあげく選んだのが、「スラムダンク」の代名詞とも言えるこのセリフっすか?!
2012/04/05(Thu) 22:11:23 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。